マイリラックススタイル

入浴タイムにキャンドル使用

私は、入浴時に少し薄暗い照明の方が、落ち着きます。

 

入浴は私にとってリラックスする時間なので、照明を暗くするといっそうリラックスできる気がします。

 

ということで、数年前から、入浴時には電気を消し、キャンドルの光で入ることにしています。

 

この時間が自分にとっては、一日の癒しの時間です。

 

それに加え、あれば入浴剤とかアロマとか、好きな音楽をかけながらゆっくりと入ります。

 

アロマなら、好きなアロマオイルをいくつかそろえているのですが、1〜2滴浴槽にたらすととってもいい香りの中で入浴することができます。

 

お気に入りは、ラベンダーです。

 

キャンドルにもいろいろ種類がありますが、基本的には安い100均のものを使用しています。

 

が、時々、お風呂の浴槽に浮かぶタイプのものなどを購入し、楽しんでいます。

 

入浴のタイミングですが、入眠をスムーズにするなら、寝る直前に入るのがいいみたいですね。

 

でも、お風呂から出てから、髪の毛を乾かしたり、明日の準備をしたりと、いろいろと動いてしまうので、理想的には寝る直前に入りたいのですが、なかなかできません。

 

ラベンダーの香りのお風呂

 

私のお風呂のこだわりは、精油を数滴いれることです。

 

一番のお気に入りはラベンダーですが、気分によって組み合わせて使っています。

 

精油は組み合わせ次第で香りが結構変わってくるので飽きずに楽しめます。

 

お風呂ではやっぱりリラックスしたいことが多いので、ラベンダーやゼラニウムを入れることが多いです。

 

楽しい気分のときは、オレンジの香りを使ったりもします。

 

膀胱炎気味のときにはティーツリーオイルを少しいれると症状が改善することがあり、重宝しています。

 

精油は温かいお湯に入れることで香りが強く立ち昇るのでお風呂で使うのが一番だと思います。

 

心も体も癒され、おしゃれな気分を味わえます。

 

はまってくるとたくさんの香りを集めたくなってしまいます。

 

古いお風呂なのですが、精油を入れればその古さも忘れることができます。

 

ただ、あまり多く入れると香りが強すぎてリラックスどころじゃなくなってしまうので注意が必要です。

 

その瞬間香りが弱く感じられても、だんだん強く感じるようになるので、ほんの2滴ぐらいでも香りに敏感な人は十分だと思います。

 

絶対オススメ!人気コスメ通販